はりきゅうやアロマでもっとお手入れを。神戸の「鍼灸 恬淡」活動記と日常あれこれ。


by acutentan
カレンダー

<   2009年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

おいおい開業準備

 まあ、進んでいるのかいないのか~、の件ですが

少なくとも6月以降

 ということが判明いたしました、今日。


恐くもあり、楽しみでもあり。



よろしければクリックお願いします。e0129310_11453369.gif
人気ブログランキングへ
[PR]
by acutentan | 2009-02-28 22:14 | はりきゅう

アロマな一日。

 朝イチで大阪へ出かけ、アロマ学校の説明会。
お土産用にルームスプレーを作りました。
あれやこれやとくんくん嗅いで作ったものは
「トイレ消臭用」といった感じでした。
これまで使ったことの無い香りに触れたのは楽しかった~


 終わってから、三宮で途中下車。
「クスム家庭料理」でカレー。
普通のマンションですが、エレベーター降りたとたん「めっちゃスパイス!」です。
お味噌汁みたいな家庭のカレー攻撃に会い、満腹。
食後のチャイがえらく好み。
同じフロアのスパイス屋で買って帰りました。


 で、「シンプルスキンケア」のフラワーウォーターとオイルを作ろうと
カモミールとラベンダーのオイルを求めて三宮をさ迷う。

店を替え品を替え、ひたすら嗅ぎまわり、3店目にして購入。
特に迷ったのがラベンダー。
おんなじブランドからでもたくさんでているのですねぇ。
どうやらラベンダーは、どこのブランドでもおフランスが好みのようです。

 これまで「プラナロム」精油にしか触れる機会がありませんでしたが
同じ種類の精油でも、メーカーによって個性があるものだと初めて知りました。
最初の刷り込みでしょうか?プラナロムの「ぱきっ」とした香りが今のとこ一番かも。
でも今回は入門編として、お値段も手ごろで香りも納得の「ZEN」というブランドです。


 スパイスやら精油やら入りすぎて、帰りの電車で若干朦朧としておりましたです。
よくばりすぎたかも。


お疲れさん、でクリック。e0129310_11453369.gif
人気ブログランキングへ
[PR]
by acutentan | 2009-02-24 20:06 | つれづれ

キタとミナミへ。

 予定よりカジュアルな昼食(それでも贅沢)を梅田でのんびりいただき、

 友人の絵を見に天王寺・日展へ。

 西梅田でゆったりお茶して、買い物して解散。


 よくできた休日でした。
明日はアロマスクールの説明会へ行ってまいります。


よろしければクリックお願いします。e0129310_11453369.gif
人気ブログランキングへ
[PR]
by acutentan | 2009-02-23 18:58 | つれづれ

おへそにお灸。

 夕食後、お腹がユルユルに。
何がいけなかったんでしょう。
晩酌に普段飲まないお酒を飲んだから?
それともお酒をこれまた飲まない牛乳で割ったから?

 原因はさておき、こんな時にはとりあえず「へそ灸」です。
おへそにガーゼを敷き、塩を詰めて塞ぎ、その上にお灸。
(ガーゼは無くてもかまいませんが、あった方が外す時に楽です)
お灸はおへその大きさによりますが、小指くらいでしょうか。

 おへそも一応「ツボ」ですが、これはあまり経絡関係ないようです。
内臓に近いぶん、中を温めるのに有効というわけ。

 辛い時には、塩をとおしてお灸が「ずしり」ときます。
とりあえず収まったので、お白湯飲んでさっさと寝ますです。


よろしければクリックお願いします。e0129310_11453369.gif
人気ブログランキングへ
[PR]
by acutentan | 2009-02-21 22:14 | はりきゅう

ゆっくりランチ。

 学生時代のお友達、東播磨が地元の彼女。
帰省していると連絡をいただき、急遽ランチ。
久しぶりで喋ること4時間です。
長居しましたが、暖かく送り出していただきました。
どうもありがとうございます。

 明日はまたもやグルメなお友達とお約束。
前回は料亭で3時間。
今回もグランメゾン予約とのこと。
長いランチになることでしょう。

 時間を忘れるガールズトーク、楽しみです。


よろしければクリックお願いします。e0129310_11453369.gif
人気ブログランキングへ
[PR]
by acutentan | 2009-02-21 20:25 | くいしんぼ

北播磨のおいしいもん。

 「美味しいものが食べたい!」と、北播磨へ向かいました。

 加西で「がいな製麺所」へむかい、おうどんをずるり。
さらに北へ。「マイスター八千代」で巻き寿司を購入。

 どちらも「なんとなく行きたいなあ。」と思ってからが長かった~
美味しかったのは言うまでもございません。
所用3時間のミニミニグルメツアー。楽しゅうございました。
また行きとうございます。

よろしければクリックお願いします。e0129310_11453369.gif
人気ブログランキングへ
[PR]
by acutentan | 2009-02-20 09:13 | くいしんぼ
 飛び込みでメンテナンス、はりきゅうへ。
ちょっと前にも行ったのですが、紹介だったので
鍼灸師と知られ、断られました。なんで~!

 ということで、ストレッチとか、トリートメントは
受けていたのですけれど、はりきゅうはしていなかったのです。

 自分で足にぽちぽちすることもあるけれど
気持ちよくてうっかり寝てしまい、危ないのでおちおち癒せないし。
やっぱりヒトにしてもらうのが一番!
あのベッドの更に奥へ沈み込んで溶けていく感覚がいいんですよね~

 で、久しぶりのはりきゅうで、すっごく楽しみだったのですが。
だったのですが。
だったのですが。









 はりは、痛くないのがいいですねぇぇぇぇ・・・

 当然「痛くありません。気持ちいいです」と謳っているところでしたが。
HPなんか、どうして痛みが起こるのか書かれているところでしたが。
なんで、なんでそれでも痛いのかしら・・・悲しい・・・

 「痛くても、治るんだったらいいじゃない」と、いう方もおられますが
痛くなくて、効果があるならもっといいじゃないですか。

 「もしかして、わたしのはりも痛い!?皆さん我慢してる!??」
不安になり、わたしと、昨日行った鍼灸院さん両方のはりを
知っておられる方に訊いてみましたが、とりあえず大丈夫なようです。

 でも、自分で自分の施術を完璧に受けることは不可能ですものねえ。
気をつけなくっちゃ。と、改めて身が引き締まる思いです。


 てんたんでは、初めて私のはりを受けられる方には必ずこう言う事にしています。

「はりは痛くないようにしています。ですがもし痛みを感じられる時は仰ってください。
決して我慢なさらないでくださいね。我慢して良いことはありませんから。」

 
 これからも、こう言いつつはりをしてゆくことでしょう。


よろしければクリックお願いします。e0129310_11453369.gif
人気ブログランキングへ
[PR]
by acutentan | 2009-02-18 10:54 | てんたんよりお知らせ

引き換えに背負うもの。

 久しぶりに、救急の場に出くわしました。

 この時対処に当たるワタクシの気持ちとしましては。
本音で申しますと、「仕方がない」です。
私的な時間を過ごしている時に、丸腰で出くわすのですから
できることは限られてます。

 それでも、資格背負ってますから。
誰に言われるでもなく、できる限りの対応しますですよ。
もちろん、「救急だったら誰だって対応しなくちゃ。」なんでしょうけれど。

 法的な義務も罰則もございませんが
国から「やっていいよ」のお墨付きいただいた限りは
人としての「義」と「仁」に加えて
免許持っている者の責任感はやっぱりどこかあろうというもの

 下手したら訴えられるかも・・・の昨今ですが
そういう「保身」の気持ちを超えられた自分に安心もしてみたり。

 普段はすっかり「街の鍼灸師」ですが
根っこにそういう気概は潜ませております。 


 だからって、今度また出くわした時には
「このひと看護師です!」とか言うのやめて・・・
ちっさいです。そんなもんです。

「ごくろうさん」でクリック。e0129310_11453369.gif
人気ブログランキングへ
[PR]
by acutentan | 2009-02-17 10:34 | つれづれ

顔と鍼②

 なぜ顔は寒さを感じにくいのか、という答えですが

「顔には陰の経絡が無いから」
です。

 経絡―ツボの通り道ですが、この経絡には大きく分けて陰陽二つに分かれます。
通常手足などは陰陽一対になり、カラダを流れている経絡ですが、
顔は陽経のみ。

 この陽経は日中「気血」が流れており、カラダを守る働きがあるため
「邪」(病気のモト、とでも申しましょうか)を防ぐために
陽の気を発散して、温かく保たれているのだと思います。

 じゃ、何で顔はそうなっているの?というと
・・・それは「そういうものだ」としか言えません。
まず「現象ありき」が東洋医学ですから。
それでも、これを知った時は「よくできているなあ」と思いましたです。


 ともかく顔は「陽の華」。
特に多いのが胃腸に関するツボです。
私は触ってもらうと、胃がスッキリするのですが・・・
みなさんどうでしょう?


よろしければクリックお願いします。e0129310_11453369.gif
人気ブログランキングへ
[PR]
by acutentan | 2009-02-15 22:39 | はりきゅう

顔と鍼①

 おかげさまで、お顔にはりをする機会が増えております。

 「顔に鍼」で思い出すのが、古典の一節。

弟子が師に、
「なんで顔は裸で寒くないのか?」
と問います。


 確かにカラダで一番露出が高いのは顔です。
手でさえ手袋があるのに。マスクをする機会なんてほとんど無い。 
どうしてだと思います?東洋医学では理由があります。
答えはまた明日。

よろしければクリックお願いします。e0129310_11453369.gif
人気ブログランキングへ
[PR]
by acutentan | 2009-02-14 21:46 | はりきゅう