はりきゅうやアロマでもっとお手入れを。神戸の「鍼灸 恬淡」活動記と日常あれこれ。


by acutentan
カレンダー

<   2008年 09月 ( 37 )   > この月の画像一覧

鍼灸師は国家資格です。

か、勘弁して・・・  ↓

「待ち針使いはり治療、女を逮捕 神奈川、無免許容疑で」
Excite エキサイト : 社会ニュース

 もちろん縫い針・まち針と鍼灸はりは全く違うものです。

 材質は金・銀などもありますが医療用ステンレスが主流。
金属アレルギー防止のためです。

 体の中に入れるものですから、エチレンオキサイドガスによる滅菌も行われています。

 そして一番の違いは、鍼先。
日本の鍼先は「松葉型」といって、痛みが無く自然に刺入できる形をとられており、
鍼メーカーさんの技術の粋が詰まっています。

 ただ刺すためだけに作られた不潔なまち針を不潔な方法で体の中へ・・・
何十本も・・・
信じられません。

よろしければクリックお願いします。e0129310_11453369.gif
人気ブログランキングへ
[PR]
by acutentan | 2008-09-30 20:02 | はりきゅう
 シャガール展に行ってきました。

 「色彩の詩人」シャガールの作品にただ圧倒されるばかり。
吸い寄せられるように引き込まれたり、
「ユダヤ劇場」の空間にずっと立っていたくなったり。
途中で疲れるどころか、晩年になるほどその素晴らしさは増すばかりです。

 頻繁に描く花束が美しさを放っていて。
リトグラフ集「ニースとコートダジュール」の「バラとミモザ」とか。

 特に「サン=ポールのアトリエ」。
喜び・哀しみ全てを抱えた、それでいて「光」を感じる作品でした。
あらゆる感情が洗い流されて、悟りと希望が見えるような、そんな作品。

 帰りにポストカードを買おうかと思いましたが
本物の持つ力にはかなうべくも無く。
強烈に焼きついた印象。それだけで十分。
(リトグラフは欲しかったけど・・・資金不足)
ステキな時間を過ごすことができましたです。

 シャガール展は10月15日まで。一見の価値ありですよ。


 兵庫県立美術館まで南下する道路の街路樹の下には
好き勝手に伸びたローズマリーがわしわしっと。半野生化。
なぜ?

よろしければクリックお願いします。e0129310_11453369.gif
人気ブログランキングへ
[PR]
by acutentan | 2008-09-30 19:56 | つれづれ

風寒キタル。

 昨日からの寒さがどっときたのか
大人も子供も「がたっ」と来ておられた本日。

 首の後ろと足の裏を温めるだけでもずいぶん違いますよ。
どうぞ、早め早めの養生を。


 記事とまったく関係のないコメントやトラックバックは
どうぞ控えていただきますようよろしくお願いします。
見つけてしまった時には、やむを得ず削除させていただきます。すみません。


よろしければクリックお願いします。e0129310_11453369.gif
人気ブログランキングへ
[PR]
by acutentan | 2008-09-29 19:21 | ようじょう

目覚めたらシンクロ。

 昨日は東京研修。行きも帰りもうつらうつらと。

 朝も夕も、ふと目覚めると浜名湖が見えて
行きはぼーっと朝の済んだ湖を見ていたのですが
夕焼けの浜名湖は、地域にゆかりの人を思い出しました。

 思い出すためにここで目を覚ましたような、そんなシンクロ。
会うことができない彼女に、久しぶりに会ったような気分。

 ↓本日のお土産、じゃがりこカレー味。なぜカレー?
e0129310_7423739.jpg


よろしければクリックお願いします。e0129310_11453369.gif
人気ブログランキングへ
[PR]
by acutentan | 2008-09-29 07:45

開業へ第一歩。

 漠然と考えていた、自宅での開業ですが
ひとり悶々と考えていても仕方ないので、開業にまつわるセミナーを受講してきました。
かなり盛りだくさんな内容で大満足。
他の受講者さんの熱気にも刺激を受けました。
また現時点から一歩進めそうです。

 セミナー講師の先生はアロマセラピスト。
講義もさることながら、もっちりぷりぷりツヤツヤの美肌に嘆息~
やはりああでないと。

 見習うべく、本日コラーゲン摂取して、たっぷり睡眠をとって、
ステキな美肌に一歩近づくのです!

よろしければクリックお願いします。e0129310_11453369.gif
人気ブログランキングへ
[PR]
by acutentan | 2008-09-27 21:00 | つれづれ

表のツボ、裏のツボ。

 雑誌やネットなどで、紹介されているツボってありますよね。
決して間違っているわけではなくて、「ああそうか、なるほどな。」と思うのですが
自分が臨床にいたら、第一選択肢としては使わない、補助的なツボばかりです。
どうしてこうも違うのだろうと思ってうーむと考えてみたら、
紹介されているツボ、ほとんど「表のツボ」ということに気がつきました。
 
 「表裏」=「陰陽」
つまり陽の経絡のツボ(経穴)です。

 東洋医学では、「陰主陽従」で陰が主。陰をまず重視します。
ですから陽のツボは補助的になりがち。
もちろん陽のツボにも効果がありますが、一時的に症状を和らげるのに使うでしょうか。
根本的に体質からアプローチするためには、陰に触れなければなりせん。

 植物だったら、病巣の葉っぱだけ切り取るのが陽とすれば、
根っこからきちんと栄養を与えて植物自体を強くしてやるのが陰です。

 私としては、まず根っこを強くしてあげて、それから症状を取ってあげるのがベストだと思うので
「陰主陽従」に倣って陰からアプローチしていきます。
陽はその後になるので、ファーストチョイスには至らないわけです。

 ただ、どういう理由でその陰のツボに至るか、というのは
東洋医学の生理学のようなものを把握していなければ選べません。
そういう理由から説明しやすい陽のツボがよく紹介されているのかなと思いました。

 「表のツボ」で症状を和らげるのも良い方法だと思うし、家庭で養生するには十分なのでしょう。
それを踏み越えた鍼灸をやらねばいかんぞ、と再認識させられたのでした。
まずはそこに気がつけたことにほっ。


よろしければクリックお願いします。e0129310_11453369.gif
人気ブログランキングへ
[PR]
by acutentan | 2008-09-27 00:09 | はりきゅう

養生ごはん。

 先日、
しょうがの甘酢漬け食べたり
オニオンスライス酢醤油に漬けたり
セロリ浅漬けにしたり。
ぴりっと刺激のあるもがいっぺんに食卓に並んでいました。

 この季節、冬の寒さに備えてカラダの意識が内へ内へと向いています。
外の防御がおろそかになるので、肌が乾燥しやすくなってしまいますしね。
少し刺激のあるものを取り入れて、発散させてあげましょう。
ただ、そのまま生食はダメなようです。
加熱したり漬けたりして取ってください。

 とはいえ↑のメニューはいっぺんにやりすぎです。
いや、決してわざとじゃないんですが・・・


よろしければクリックお願いします。e0129310_11453369.gif
人気ブログランキングへ
[PR]
by acutentan | 2008-09-26 08:53 | ようじょう
 春に、お知り合いのカラーセラピストさんからの依頼で
アロマ&カラーセラピーについてのモニタリングをしてきました。
アロマ嗅いでは脳波取って、色を塗っては脳波取って、ってな具合で。

 すっかり忘れていたのですが、簡単な結果が返ってきました。
脳波については、テスト前の脳波がすっごいリラックスしていて、
緊張や活動状態を示すβ波が出ていませんでした。
「モニター」や「テスト」の状況に緊張してしまったかも・・・いい被検者じゃなくてごめんなさい。
仕事(鍼灸)をしてきた後なのも、関係しているのかなあ?
ともあれ、平時「まどろみ」の状態にいるようです。

 カラーセラピーは、丁寧に結果を出してくださっていて、
その時の色塗りの結果は↓

何事も一生懸命取り組まれます。仕事も家事も完璧にしようとするあまり、
自分の時間が少なくなって疲労感が取れないことも多いかも知れません。
少しデリケートになっている面もあるので、子供のように無邪気に楽しめる何かが
あると良いと思います。
気心の知れた友達と遊びに行ったり、芸術鑑賞などもお勧めです。
ゆったりとした時間を楽しんでください。

 
 ですって。
でも、あんまり前のこと過ぎて
「あの時はそうだったのかなあ・・・?」 くらいの感想。
ともあれ、いろんな切り口から、「自分」をみてもらうのも楽しいです。


よろしければクリックお願いします。e0129310_11453369.gif
人気ブログランキングへ
[PR]
by acutentan | 2008-09-25 10:04 | つれづれ

大事なのは・・・

 思いもよらないご質問って、すごく気づきが多くてはっとしますね。

 今日のご質問は、
「鍼の道具によって値段は変わらないのか?」
-変わりません。

 小児鍼のご相談で、値段を訊かれたのでお答えしたのですが、
「どのやり方を行っても値段は変わらないのか?」と。
小児鍼未体験ということで、各種鍼を見ていただいたのですが、
「どの鍼を使っても値段は変わらないのか?」と。

 意外でした。
そんなことで値段が変わるなんて、思いもよりませんでした。
いろんな種類の鍼を使い分けるのは、
子供さんの体質や症状によって良いとされるものを使います。
もちろん施術する側の使いやすさも多少加味されるでしょうけれど。
「これは特殊な道具で効果が高いからお値段も少々張ります。」
なんてことがないのは、私だけではないと思います。多分。
鍼の世界では今のところ聞いた事ないなあ。私が知らないだけ?

 あまりにも原価の違う材質-金・銀を、体に刺すいわゆる普通の鍼(豪鍼といいます)に
使う場合には、お値段は変わってくると思います。
一般に使われているステンレスと銀って、10倍以上値段が違いますから。
そこは仕方のないところかなあと思いますが。

 基本的に、鍼灸において重きを置かれるのは「施術者そのもの」ですから。
「鍼一本に付きいくら」とか、「お灸の追加量○○円」とはしていません。
使いすぎても体に負担をかけるだけなので、いずれも適正量使っております。
人によってその程度はもちろん変わるものですから、
材料(鍼・灸)で値段は左右したくないなあ。

 むしろ、鍼灸において大事なのは、その適正量を見極められたり、
気持ちの良い鍼灸ができたり、症状を緩和することのできる「施術者」なわけで。
そうでなかったら休みのたびに費用かけて研修に行く必要もないわけで(泣)

 そういうことで、鍼灸は「鍼と艾(もぐさ)」ではなく「鍼灸施術」そのものが
診療費となっております。なにとぞご理解の程を。

 でも、言われなければ絶対に気がつかなかったことですよ。
そう考える人もいるか~、とか、結構考えさせられましたです。

よろしければクリックお願いします。e0129310_11453369.gif
人気ブログランキングへ
[PR]
by acutentan | 2008-09-25 00:49 | はりきゅう

百聞は一見にしかず。

 鍼灸をご家族に受けさせてあげたい。と、相談をいただくことがあります。
ご家族がお持ちのご病気が、鍼灸で少しでも良くなれば、という思いの方でしょうか。
家族の絆が強いのだな、と心温まるのですが。

 相談を持ちかけられる方に鍼灸のご経験がなく、
「ただ鍼灸が良いと聞いたので」ということで、いろいろご質問を受けることもまた多いです。
痛くないか、どこに鍼するのか、ホントに効くのか等々など・・・
ご家族のためを思って、事前にしっかり調べておきたいというお気持ちなのでしょう。

 鍼灸の適応は、肩こりや腰痛だけでなく、他にも可能性を秘めています。
ただ、受けられるご本人が納得されていない状態では難しいことでしょう。
薬や手術のように、「効かせる」ものではなく、
鍼と灸を使って、「からだと対話する」ものだと思うからです。
少なくとも私はそう思っています。

 なので。
オススメしたいのなら。
あれこれ聞いてみるのもいいけれど。
一度、鍼灸を受けてみてはいかがでしょうか?
と言うと、途端に尻込みしてしまう方も、これまた多いのよね~
何ででしょう?恐いですか?

 でも。
恐いもの、ご家族に勧めちゃいますか?
百聞は一見にしかず。
ご自分で体験して、ご納得の上でお勧めされるのが一番だと思うのですが。
どうでしょう?


よろしければクリックお願いします。e0129310_11453369.gif
人気ブログランキングへ
[PR]
by acutentan | 2008-09-22 22:31 | はりきゅう