はりきゅうやアロマでもっとお手入れを。神戸の「鍼灸 恬淡」活動記と日常あれこれ。


by acutentan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ミシュラン?

日帰りで東京研修強行軍。

場所は都心の下町。有名な方のオフィスも発見。

昔からの細い路地に高級外車がばんばん通る町。


 問題はお昼ご飯。

どこも概してお値段高め。

食べないわけにも行かず、一件入りましたが・・・

コストパフォーマンスに見合わない><

ミシュランの快挙もあったし、「東京で美味しいものが食べられる」

と、単純に期待していたのですが、相当お値段出さないとダメなのかしらねえ。

ちなみにサーヴィスも???な感じでした。大失敗。

来月はきちんと調べていこう。


 結局一番美味しかったのはお土産のごまだんごでした。
[PR]
by acutentan | 2008-04-27 22:47 | つれづれ

スカウト。

 なんと!

最近よくスカウトされます。びっくり。


よっぽどヒマにみえるのか

よっぽど不憫にみえるのか

よっぽど優秀にみえるのか・・・いや、ないない。


干されっぱなしの時では考えられない現状。

いったい何が起こったのでしょうか?

自分では皆目見当つきません。


ともあれ。

滅多にないであろうビッグウェーブ。

のるかそるか、よく考えましょう。
[PR]
by acutentan | 2008-04-21 18:53 | about me

うるおい。

お花をいただきました。

e0129310_21415057.jpg


やはりお花はよいなあ。

季節を感じて、ほっとします。
[PR]
by acutentan | 2008-04-20 21:43 | つれづれ

じかんの密度。

 忙しい日は忙しく、

暇な時にはめちゃヒマ。

メリハリのきいた日々を過ごす。


 とくに日曜日の予定のつまり具合は凄まじく、

いや、自分で埋めてしまったのですが・・・

半年は日曜はどこかにいる予定。


 というものの、日曜はどこかで「勉強会」を開催している。

知りたいこと、学びたいことはお金を出してもモノにしたいわな。


 そんなわけで、日曜はどこかでセラピスト達が集っているわけです。

日曜休診が多いこと、納得でしょ?

年中無休の鍼灸院の院長さんに、どうしているのか訊いて見たならば、

「そのためにスタッフがいるんでしょ。」と。

スタッフの研修はどうするの?自分で教えるからいいのか。

なるほどな。


 なるほどな、とは思うけれど

今はひとりでのんびり出来るといいな。

その代わり日曜日はばたばただけれども。

ああ、日曜がもう1日あればいいのに。
[PR]
by acutentan | 2008-04-15 11:35 | つれづれ

もようがえ。

 さんざん雨風に耐えた桜も見納めたため、表紙も模様替え。

季節を大事にしたいオイラ。


 葉桜が目立つようになり、

「目に青葉・・・」の季節がやってきますね。

ホケキョと上手く歌えるようになるのはいつ頃でしょうか?

楽しみです。
[PR]
by acutentan | 2008-04-12 22:49 | つれづれ

おはらしょうすけ。

 ぽっかり予定の空いたいちにち。

こんなときは自分のために時間を使ってしまおう。


 さあ何がしたいか?自分にきいてみる。

どうもゆったり大きい風呂に入りたいらしい。

最近ストレスフルだったもんな。のんびりぬるま湯に浸かりたいよな。


 近所の風呂屋を調べてみると、なんと9時から開いている。

簡単に用事を済ませ、近所のメガ風呂屋へ。


 岩盤浴も入り放題だったので、都合3時間ぐらいごろごろしてました。

平日の朝風呂。至福のひととき。

身代潰すか?まあそんなに大したものはないしな。

明日からの栄気を養ったので、よしとしよう。


朝寝と朝風呂はしたけど、車だったから朝酒はなかったよ。念のため。
[PR]
by acutentan | 2008-04-11 18:41 | つれづれ

養生訓。

 江戸のベストセラー、貝原益軒の「養生訓」。

江戸時代に80以上健康に長生きした益軒のハウツー本。

いうなれば、江戸版「生き方上手」(日野原重明)というところでしょうか。

先日の学会で、口語訳・原文併記の本があったので購入しました。


 江戸時代の「養生」なので、当然はりときゅうのことも載っています。

益軒いわく、

「はりやきゅうで健康になろうなんて下手なやり方だ。

   普段から気をつけていればそんなことをしなくたっていいのに。」

だそうです。

あれー?益軒さんあんまりオススメじゃないのかしら、と読み進むと・・・

「親からもらった大事な体を傷つけたり、やけどをさせるなんてもってのほか。

   その前にきちんと養生しとけば熱い思いや痛い思いをしなくてすむ。」

・・・益軒さん、はりきゅうでよっぽど嫌な思いをしたのねぇ。

上質なはりきゅうに出会っていたら、もっと勧めてくれたかしら。


それでも益軒さんは灸に関しては、すえ方などしっかり書いてくれています。

鍼・灸が薬と同列に書いてあることも、認めてくれてるってことでしょうか。

それだけよく効くものってコトでしょう、きっと。
[PR]
by acutentan | 2008-04-01 21:06 | はりきゅう