はりきゅうやアロマでもっとお手入れを。神戸の「鍼灸 恬淡」活動記と日常あれこれ。


by acutentan
カレンダー

<   2008年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

文系?理系?

 学会で印象的なトピックだったのが

「文系のはり 理系のはり」というハナシ。


「どこの筋肉・神経にアプローチするか」

という、西洋医学の理屈に即したはりが、「理系のはり」


それに対して

「どこの臓腑・経絡にアプローチするか」

という、東洋医学の理屈に即したはりが、「文系のはり」


どちらにもそれぞれよさが、あるんだと思います。

けれど西洋医学ではフォローできないよさが、東洋医学にはあって。

東洋医学でしか出来ないことをして補いあうのが

補完医療とか、統合医療とかいうのではないかと。


個人的に受けてみて好きなのが「文系のはり」なので

文系のはりを追いかけていくことになるのだと思います。


文系の理屈。

いままで「年のせい」とか「自律神経」で片付けられていたことが

説明できるようになって、スッキリしますよ。

意外と理屈っぽいヒトにオススメです。そりゃ私か。
[PR]
by acutentan | 2008-03-31 22:31 | はりきゅう

大収穫。

 名古屋から自宅へ軟着陸。

1日半の学会でしたが、なんとも収穫の多い空間でした。

実践の実技から、心意気まで。

「下の者に技を伝えたい」という思いでいてくださるのでしょうか。

些細な疑問も大先輩方がほどいてくださいます。

私が目指す鍼が、あそこには確実にありました。

日帰りの予定にしていたけれど、思い切って泊まりにして行ってよかった。


 楽しみにしていた「矢場とん」は大混雑のため断念。

宿の近くに「世界の山ちゃん」(手羽で有名)もあったけど、一人で入る勇気はなし。

名古屋らしいものは全然口にすることがありませんでした。

また来なさいということでしょう。ええ行きますともさ。
[PR]
by acutentan | 2008-03-30 21:37 | つれづれ

東奔東奔。

 先週の京都に続き、明日から名古屋です。

当初日曜日帰りの予定が、急遽土日に変更。

宿は昨日決めた。切符は夕方買った。

時間はさっき調べた。荷造りは今した。


 荷造りはずいぶん軽いものになりました。

旅慣れた、というか年取った、というか。

旅の友(本)だけは誘惑に負けて2冊になってしまったけれど。


 あとは明日ちゃんと起きるだけ。

矢場とんくらいは食べて帰りたいなあ。と気持ちはすでに旅モード。
[PR]
by acutentan | 2008-03-28 22:41 | つれづれ

α波

 三ノ宮に用事があったついでに、お茶を飲んできました。

なんでもお茶飲みイギリス人(でしたっけ?)ご推薦のお店。期待度大。


 丁度お昼時だったので、お食事に使いましたが

セットのお茶がポットサービスで出てきました。これは嬉しい。

音楽もやや大きめながら好きな音。好き。

たっぷり3杯いただいて大満足。α波出まくり。

今度はきちんとお茶を飲みに行こう。


 気持ちよくまどろんでいるものの。

明日の名古屋行きの荷造りがまったく出来ていない・・・やば。
[PR]
by acutentan | 2008-03-28 19:04 | tea

まじめなごはん。

 年度末だから?道が混んでいる・・・

朝から市内へ出掛けましたが、どこもかしこも工事だらけ。

通りにくいったらありゃしない。

その道は知っているぞ。別に問題なかったぞ。

なのに掘り返すのは、やっぱり年度末だから??


 さておき。
 
ここ数日、ご飯に困っています。

お腹は空いているのに、食べたいものがない。

食欲がないわけでもない。美味しいものが食べたい。

今日のご飯はひとり。さあ何を食べればいいのか・・・


 こういうときは弱っている証拠。

下手に食べたり食べなかったりすると、あとあと大変です。

自分にしっかり尋ねて、何が欲しいか、食べたいか。

きちんとしたごはんで、からだもきもちもきちんとして。

温かくしてゆっくり過ごすことにいたしましょう。
[PR]
by acutentan | 2008-03-26 12:46 | ようじょう
 今日は「保健師」の日。

いつもは一人で県内を駆け回るのですが、今日は大口さんのため

4人でとある事業所へ。


 昼休憩時、先輩ベテラン保健師2名様より

「花粉症がひどくて・・・なんかいいツボない?」

「調子が悪いと歯が浮いてきて・・・」

などなど、ご相談を受けました。


 雑誌の「ツボ紹介」なんかで、「○○のツボ」という紹介をされるからでしょうか。

わりにこういった相談を受けるのですが。


「診てみないとわかりませ~ん」

というのがホンネのところ。


 東洋医学は、「花粉症」でも何が原因で花粉症に至ったかを考えます。

(「杉」とか「ヒノキ」とかではないですよ、念のため。)

お一人お一人の体質があり、弱い体質がたまたま「花粉症」として出ているだけ。

くしゃみ・鼻水・眼のかゆみを止めることが目的ではなく

体質を改善して、その結果鼻・目がラクになるといったような考えですね。

もちろん即効性のあるツボは、あるにはあるのですが

根っこを抜いていないので、症状を切ってもあとからまた出てきてしまうというわけ。


 「たまたま花粉症」なわけで、どこに根っこがあるかはヒトそれぞれ。

これが「鍼はオーダーメイド」といわれる所以でしょうな。



 相談されると、脈を診たくなる。

ついでに目と舌も診たくなって、お腹と背中と脚と・・・

さすがに別件の仕事中には出来ず、ぐっと我慢の東洋医学オタクなのでした。
[PR]
by acutentan | 2008-03-25 21:09 | はりきゅう

ラブレター。

 お手伝い先鍼灸院には、時々親子連れの場合があります。

おかあさんがはりを受けられるのですが、そのあいだお子さんはヒマヒマ。

やんちゃ世代がじっとしていられるわけはなく、

ときどきお子さんの遊び相手になるのもお手伝いの一つです。


 一ヶ月ほど前に飛び込みで来られた母娘さん。

例によって娘さんと遊んでいたのですが、実はこの娘さん強烈な人見知りだそうで。

おかあさんが「信じられない・・・」と驚嘆するほど仲良くなりました。

私がいない日に来院されると寂しかったようで、

以前一緒につくった風車を描いたラブレターをいただきました。

あまりこどもに好かれるタイプではないと思っていたのですが・・・嬉しかったです。

じゃじゃ馬お嬢さん、またボール遊びしようね。
[PR]
by acutentan | 2008-03-24 19:34 | つれづれ

京都観光。

 つ、疲れた・・・

 今日は朝から京都で勉強でした。が、急遽中止に。

現地に着いてから知ったので、京都で時間がぽっかり空いてしまうことに。

そのまま帰るのもなんだなあと思い、そのまま京都観光おひとりさまへシフトチェンジ。

東山へてくてくと。


 まずは三十三間堂。観音様仏様をのんびり鑑賞。

朱印帳にサインをいただき終了。

 その後国立博物館へ。

特別展は準備中でお休みでしたが、常設展もなかなか見ごたえありました。

清水隆慶という仏師の展示がなかなかどうして。

三十三間堂よりじっくり見ることができました。

個人的には狛犬にまたがった帝釈天(だと思う)と

「百人一衆」という小さい人形がとても好み。

レプリカがあったら買って帰りたかった。


 陶器なんかもかなり展示してありました。

織部と柿右衛門を初めて直に見る。素直に感動。



 普段あまり触れることのないゲージツ鑑賞。

わりといいもんだなあと思いました。みうらじゅんの気持ちが今なら少しわかる。
[PR]
by acutentan | 2008-03-23 19:45 | つれづれ

「しなやか」が必要。

 以前から興味のあった着物着付けに初挑戦。

結果は惨憺たるモノでしたが、かなりおもしろかったです。


 「要の紐一本の妙」に、わびさびを感じつつ。

要領がわかっても、着付けが上手くいくとは限らないのもおもしろい。

肩甲骨周りが硬いと、絶対帯は結べない。

首が回らないと、姿見に上手く移らない。

これってかなりリハビリにいいと思う。


 帰りは師匠に着付けていただいて帰宅。

「なんだか息苦しい」と感じると、へんな姿勢をしていることに気づかされる。

脱いでからもしばらく矯正されていました。


 かくして和服美人はしなやかでよろしいのだな。

新しい世界、いとおかし。
[PR]
by acutentan | 2008-03-22 10:46 | ようじょう

はりきゅうは誰のモノ?

 「鍼灸やってます」という自己紹介をすると、

「肩こりが・・・」「膝が・・・」と言われます。

それだけじゃないのになあ。


 先日は、「患者さんはお年寄りだけかと思ってた。」と

わたしのはりきゅう世代は主に30代~40代の方です。

と、説明するとかなり複雑な表情をされていました。

はりきゅうはお年寄り専用でなければいかんのだろか?


 女性誌などに「ヒーリング」「アンチエイジング」のひとつとして認められてきているなあと

思う反面、まだまだ知られていない現実にあうこともしばしば。


 一部のセレブリティにしかはりきゅうの醍醐味が知られていないのは、とっても勿体無い。

もっと気軽に利用して欲しいし、

もっと気軽に利用できる環境を提供できればな、と思う。

ホスビタリティあふれるはりきゅうサロンと申しましょうか。

というか、自分が行きたいような場所をつくりたいのだね。
[PR]
by acutentan | 2008-03-20 21:43 | はりきゅう