はりきゅうやアロマでもっとお手入れを。神戸の「鍼灸 恬淡」活動記と日常あれこれ。


by acutentan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

「師」と「士」

 オフィスワークの連絡は、
基本「社内メール」でのやりとりになります。

 保健師としての活動は、事務方さん達のスケジューリングによって
支えられているのですが、

 このメールに、ちょいちょい出てくるのが
「保健士さん」というワード。
「師」が「士」になっているのですが・・・どうもねえ。

 いちいちメールで「いや、保健『士』ですから。」と
訂正を入れるほどのコダワリがあるわけではないのですが、
何度もやりとりしたり、他の方が「保健師」と正確に書かれている
メールをCCなどでご覧になっていると思うのですが・・・
「保健士」の方は、毎回「保健士」です。

 別に「師」が「士」よりも格上、なんて思っているわけでもなく、
きちんと正しく書いて欲しいなあ。。。と。
これってなんでしょう?

「タムラさん」を「タナカさん」と呼び間違えられるような?
・・・いや。そうしたら「タムラですが。」と訂正するな。

「シブヤさん」が「シブタニさん」と呼ばれるような感じ?
わりとコレが近いかな。
「確かに『渋谷』だし・・・私だよね」 と思う。

もし、『師」業の方と連絡を取る際は、
きちんと間違わずに書いていただくと、嬉しいものですよ。
「お。わかっていらっしゃる」ってね。

これって私だけじゃないと思うのですが・・・どないでしょ?


↓いちポチ応援お願いします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by acutentan | 2009-08-05 23:18 | つれづれ