はりきゅうやアロマでもっとお手入れを。神戸の「鍼灸 恬淡」活動記と日常あれこれ。


by acutentan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

たびのおもひで⑦

 おはようございます。


e0129310_1116204.jpg

画像の容量オーバーのため、昨日の続きです。
引き続きハズレなしの「クメール・キッチン」から。
ピース・パンプキン(牛)
グラタンのようです。もちろんゴハンにあうあう。
パンプキンのほかにもポテトもあります。
カンボジアのかぼちゃは水分多くて甘い。

e0129310_1142511.jpg

揚げ春巻き。ホントは5本で1.5ドル。(やっぱりうっかり食べちゃいました)
これはビールにばっちり合うらしく、毎回頼んでました。
わたしはもっぱらこちら↓

e0129310_11101669.jpg

ジャスミンウォーター。
ジャスミンの香りはしません。普通の水。
カンボジアは硬水なので、美味しくはありませんが
値段と味で、この水に落ち着きます。
大きいボトルで頼んで、がぶがぶ飲んで残りお持ち帰りでした。
コレのおかげでお腹も壊さず、熱中症にもならず。
まさに、「命の水」。


~その他に行ったところ~
「ニュー・バイヨン」
ツアーに付いてきました。
海苔のスープ・空芯菜の炒め物・クメールカリー・雷魚のさつま揚げという
いたってシンプルなメニュー。(安ツアーですので。)
味付け濃い目ですが、遺跡廻って汗かいたカラダには丁度良かったです。

「アマゾン・アンコール」
ツアーの夜のゴハン。
天女アプサラのダンスショーが見られます。
バイキング方式。マズイ。
カレーとアモック(雷魚のココナツミルク蒸し)はまあまあ。
食に興味を失うため、皆さんダンスショーに釘付けです。
ショーは緩急つけた構成で面白いですよ。

「ローベルジュ」
高級ホテルの上海料理屋。
行けなかったシルクロードに思いを馳せて。
・・・大失敗。
お客さんが一人もおらず、食材の用意が無いのです。
何回もメニューのやり直しを強いられたため、さすがに
「もういいわ。」と、メインなしの2品で終了する有様でした。
しかも頼んだメニューも
「酸辣湯」→「ただの海鮮スープ」
「ブロッコリーとカリフラワーの炒め物」→「ブロッコリーだけ」
お値段はさすが高級ホテル。
味はふつうだったけど、これなら日本の方が安くて美味しいよ。

「ダムナック・アンコール・ヴィレッジ」
宿泊先のゴハン。初日に。
ここも誰も客がおらず、不安でしたが
ばっちり美味しかったです。
一般的なクメール料理がいただけます。
一応ホテルなので、町の食堂よりは高いけれど
ハズレなし、でしたよ。

ちなみに朝食は洋食だけです。
フランスパンがやけに美味しく、もりもり食べてました。
ティーポットが割れててだだ漏れなのはご愛嬌。

とにかく、シェムリアップは「クメール・キッチン」です。


↓ぽちっとしていただけると非常に嬉しく思います。なにとぞ。
人気ブログランキングへ
[PR]
by acutentan | 2009-08-01 11:32 | つれづれ